« 月ノ光 太陽ノ影 | トップページ | ついてない日 »

悪の華にくちづけを

この夏から初秋にかけてもの凄い勢いで文庫を読んでいたのですが
今は私の自由時間のほとんどが乙女ゲーに支配されているので
全くと言って良い程、本を読みません。(でも新刊は買う。そして積む。それで旦那に文句言われる。)
っていうか、最後に読んだ本が余りにも面白かったので、それ以上の本に早々には出会えないであろうというネガティブな思い込みもあるからかもしれないのですが。
そんな私の読書熱を下げるのに一役買った傑作が(良いのかこの言い回し)
「悪の華にくちづけを」 byロレッタ・チェイス
・・美人で賢くて姐御肌のヒロインに、見た目悪魔な、でもヒロインにメロリンキューでその気持ちを持て余しちゃう侯爵。何しろ一目見た瞬間に秒殺的一目惚れ。どうにかしてどうにかなりたいけど、過去の経験やら苦い記憶やらで素直になれない侯爵と、なんとかしてなんとかなっちゃおうと考えるヒロインのやり取りがテンポも良くて、とても楽しめるのですよ。
密かにマイブームだったヒストリカル文庫のここ一番な作品でした。

|

« 月ノ光 太陽ノ影 | トップページ | ついてない日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207300/42723348

この記事へのトラックバック一覧です: 悪の華にくちづけを:

« 月ノ光 太陽ノ影 | トップページ | ついてない日 »