« パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 | トップページ | 家電の春 »

喉もと過ぎれば

熱さ忘れる、といいますが。全くその通り。今の私は今朝までの私と違うのよ。
どう違うかって言うと、芋虫とがゲハ蝶になったみたいな?もしくはベムが人間になったみたいな?   ・・・ちょっと違うかな?ま、いいや。

本日息子の卒業式だったのですが、私には保護者代表挨拶というとてつもなくハードなミッションが待ち受けておりまして。新年会の時から校長先生に念押しされ、挨拶文作成、練習とぶっちゃけ泣きたい日々でした。食欲はおちるのに、体重は落ちない・・。しかも先週の娘の卒業式で風邪をひき、鼻声だわ、逆さ睫はでるわ、他にもあちこちエラーがでた体でして。ホント、ついてない・・。
本番の朝も、ドキドキ、体育館に入って着席してもドキドキ子供達が入場して開式になったあたりでドキバク、子供達の呼びかけ開始あたりではもうドキドキバクバクこのまま気絶して運び出されたい気分でしたよぅ。
あまりの緊張感で、挨拶文をどう読んだのかもあまり記憶にありませんが、無事に終わって着席した時は、ここ数日で初めて気が落ち着きました。もうホント緊張した!!
終わってしまえばこっちのもの。ようやくイチ保護者として卒業気分が味わえましたよ。
貴重な経験、と言ってしまえばそうなんですけど・・・こういうのはもう勘弁です。ホント器じゃないんで。

でもねぇ、まだねぇ・・・号泣!

|

« パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 | トップページ | 家電の春 »

徒然な雑記」カテゴリの記事

コメント

いい経験じゃないですか。
息子さんの方がドキドキしていたりして。

投稿: gacky | 2010.03.31 18時18分

gackyさん>確かに忘れられない経験ではありました。息子もちょっぴり気になっていたようですが、「なかなか良かったんじゃない?」とお言葉を頂きました・・。

投稿: niko | 2010.03.31 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207300/47854035

この記事へのトラックバック一覧です: 喉もと過ぎれば:

« パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 | トップページ | 家電の春 »