« 言葉はいつも心に足りない | トップページ | プリンス・オブ・ペルシャ »

天国への郵便配達人

今朝は何故か4時半に目が覚めてしまい、しつこく再度眠ろうとしたのですが睡魔は訪れず、結局5時半には起き出した私です。おかげで、眠いだるい眠い。
そんな体調にもかかわらず、映画の日なので行ってきましたよん「天国への郵便配達人」。大好きなジェジュンを1000円ぽっきりで観られるなんて、なんて素敵。

100601_124002_0001_2

オール韓国語なんですが、この方がジェジュ!って感じで無問題。
脚本家の北川さんによる日本語訳字幕も違和感ありません。
だだっ広い草原にある、亡くなった大切な人への手紙が投函されるポスト。そのポストに手紙を投函しに来たハナは、ジェジュンに出会います。ジェジュンは、残された人達が哀しさや思慕を綴った手紙を回収して、天国に届ける仕事だといいますが・・。この後は、ぜひ映画を観てください。
母親が亡くなって7年経ち自分も母となっても、それでも母が恋しい娘からの手紙。幼い息子を亡くし、新米ママで終わってしまった哀しみにくれながらお弁当を作りポストに置く母親。弟が大好きだったカードゲームを同封する姉。幾つかの手紙のエピソードに涙がでそうでした、っていうか泣いてましたが。ストーリー運びもよく、寝不足だったけど全くウトウトもせずに観れましたし。まぁジェジュンの功績大かも。話の展開と共に、段々と切なさを帯びてくる笑顔にも胸きゅん!ですが、ジェジュンの眼鏡に萌え!素晴らしいよ、あの眼鏡!MFM!(My Favorite Megane。我が家で大流行中の略語。)
私的にはアンハッピーなままでも良かったかも・・?な感じですが、ジェジュが沢山観られたのでこのラストもありかなと。←不純な理由。
今放映中のドラマのジェジュンは役処があまりにも辛いせいか、私は一歩ひいて観てしまうのですが、この映画のジェジュンは母国語での作品でもあり素のままな感じがして安心して観られました。あぁホント観て良かった・・・。挿入歌もシングルカットにならないかなぁ。
ジェジュン好きーさん達は必見かと思います。そうでない方にも是非観ていただければ。


それにしても。
本当にこんなポストがあったら、手紙を書きますか?


私は書きます。多分こんな風に。


8年経ってもアナタが恋しいよ。
今でもふと、こんな時にアナタがいたら、と思ってたまに泣きたくなるの。
病床のアナタから、お姉ちゃんの妹で良かったよ、と言われた時
言葉に詰まって「私も」と言えなかったけど。
今でも大好き。
アナタは自慢の妹です。

|

« 言葉はいつも心に足りない | トップページ | プリンス・オブ・ペルシャ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207300/48515735

この記事へのトラックバック一覧です: 天国への郵便配達人:

« 言葉はいつも心に足りない | トップページ | プリンス・オブ・ペルシャ »