« 2011年 夏に誓う | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

驚きしかなかった

漫画家の和田慎二さんの訃報を午後知りました。突然のコトでとっても驚きました。
和田慎二と言えば、「スケバン刑事」「ピグマリオ」「超少女明日香」などヒット作を沢山産みだした昭和を代表する漫画家と言っても過言ではないと思います。
私はそれよりももう少し前の「銀色の髪の亜里沙」が大好きでした。「巌窟王」を思わせる(っていうかベースはこれですよね)復讐劇。でも悪い人にはなりきれず。颯爽とした美少女が暗躍するシーンがとっても印象的でした。この頃は週マがメインだったかな?「明日香」も週マかな?
それから「花ゆめ」での「スケバン刑事」「ピグマリオ」どちらも何回読んでも飽きなかった。どちらも全員が全員ハッピーエンドになれる作品ではなかったけど、読後に爽快感というか、読んで良かった・・って気持ちになりました。でも「スケバン刑事」最終回は泣けた・・・。
和田慎二さんの戦うヒロインは時に切なく、時に過酷で残酷な境遇に置かれていることもありました。でもどの作品のヒロインは皆、優しく美しかったのです。地獄を見てきたから、こその強さを持つヒロインが多かった気もします。
時たま枠外でひょっこり出てくるご自身のコメントも小気味よく、読んでいて楽しいものでした。アリスへのオマージュも印象に残っています。
瞳が大きくキラキラしがちな昭和の少女漫画界という括りの中で、活き活きとした綺麗なアクション漫画を描く先駆者的存在だったと思います。「明日香」も「リン」ももっと読ませて頂きたかった。
ご冥福を心からお祈りいたします。

|

« 2011年 夏に誓う | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

新潟から帰途中、携帯のニュースで知りました
もう本当にビックリです
ご冥福をお祈りします

「銀色の髪の~」私も好きでした
今でも強く印象に残っている・・・
そうだね、彼のヒロインはとても美しくて強い
だから何十年たっても皆のココロの中で
光輝いているのでしょうね

投稿: ムーンストーン | 2011.07.07 21時21分

ムーンストーンさん
新潟遠征お疲れ様でした。行った甲斐があって良かったですね~。
やはり「銀色~」は根強い人気ですね。
色褪せない魅力を持つ作品を沢山読ませてくれました。あ~、もう一度「スケバン刑事」を最初から読み返したい・・・どこにしまってあるのやら。

投稿: niko | 2011.07.07 22時42分

私も「銀色〜」また読みたいけど、本当にどこにしまってあるのやら...
スケバン刑事、見つかったら貸してね、お願い!

投稿: まっくろ | 2011.07.07 23時28分

まっくろさん
探しているのだけど、まったくもって見つからない。・・借りて読んだのかしら?本誌で読んでたので持っている気になったのかしら・・?もう少しがんばって探してみます。

投稿: niko | 2011.07.09 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207300/52139172

この記事へのトラックバック一覧です: 驚きしかなかった:

« 2011年 夏に誓う | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »