書籍・雑誌

暑さ寒さも彼岸まで

と言うのもなかなか的を射ている感じに、朝晩はだいぶ涼しくなってきました。
今日はお姑様の四十九日法要の為、早朝から旦那実家に向かい、夕方帰宅いたしました。こうして考えると、亡くなってからホントにあっという間で、未だに実感が湧きません。こういうのって、事あるごと・・つまりは季節の行事やら家族に何かが起こった時に改めて「もういないんだよね・・」と感じるものなのよね、きっと。

51jkm40al__sl500_aa300__3 先日、「君のいない楽園」の最新刊が出ました。
わ~ん、待ってたよ~。
本誌にたまに掲載されているのは欠かさず読んでいたのだけど、なかなか単行本にならなくてやきもきしていたのですが、3年待った甲斐があった!今回もほんわか・じんわり・うむうむ・・と充実した読後感を感じられました。
中学生だった十萌ちゃんと八神くんも大学卒業間近・・改めて月日の流れる早さを漫画で知る私。私的珠玉の名作なので、たま~の掲載でいいから、二人の物語を読ませていただけると嬉しいなぁ。

同じ頃に買った「炎の月」最終巻はむむむ・・だったなぁ。好きなシリーズだったのに巻を重ねる毎に、をいをい、どこに行っちゃうんだーい!って呼び止めたくなる感じでして・・そしてそのまま終わっちゃった。なんか勿体ない・・・。
他には「暁のヨナ」6巻、「ブラコン」3巻を購入。ヨナは展開が気になって気になってしかたない。最近の少女漫画でトップクラス(私的判断)のファンタジー(といって良いのか悩む)漫画。ホント、オススメ!
ブラコンは今の私の萌え燃料なので、言うことなし。どこかにイケメン13人兄弟が転がっていませんかねぇ。
あ、そうそう篠原千絵「夢の雫、黄金の鳥籠」1巻も購入。
代表作「天は赤い河のほとり」は世の乙女達にイズミル王子以外のヒッタイト人の素晴らしさを知らしめた歴史的作品ですが、今回の舞台はオスマン帝国。誘拐され奴隷となったヒロインが、自分を買って教育してくれた人(後に想い人となる)の手により皇帝のハレムに入れられ、その人の為に皇帝の側室となり、ハレムの女達の陰謀に立ち向かう話・・・でいいのかな?とにかく、デキる側室を描かせたら天下一の作家さんなので、今後の展開が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

驚きしかなかった

漫画家の和田慎二さんの訃報を午後知りました。突然のコトでとっても驚きました。
和田慎二と言えば、「スケバン刑事」「ピグマリオ」「超少女明日香」などヒット作を沢山産みだした昭和を代表する漫画家と言っても過言ではないと思います。
私はそれよりももう少し前の「銀色の髪の亜里沙」が大好きでした。「巌窟王」を思わせる(っていうかベースはこれですよね)復讐劇。でも悪い人にはなりきれず。颯爽とした美少女が暗躍するシーンがとっても印象的でした。この頃は週マがメインだったかな?「明日香」も週マかな?
それから「花ゆめ」での「スケバン刑事」「ピグマリオ」どちらも何回読んでも飽きなかった。どちらも全員が全員ハッピーエンドになれる作品ではなかったけど、読後に爽快感というか、読んで良かった・・って気持ちになりました。でも「スケバン刑事」最終回は泣けた・・・。
和田慎二さんの戦うヒロインは時に切なく、時に過酷で残酷な境遇に置かれていることもありました。でもどの作品のヒロインは皆、優しく美しかったのです。地獄を見てきたから、こその強さを持つヒロインが多かった気もします。
時たま枠外でひょっこり出てくるご自身のコメントも小気味よく、読んでいて楽しいものでした。アリスへのオマージュも印象に残っています。
瞳が大きくキラキラしがちな昭和の少女漫画界という括りの中で、活き活きとした綺麗なアクション漫画を描く先駆者的存在だったと思います。「明日香」も「リン」ももっと読ませて頂きたかった。
ご冥福を心からお祈りいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

姉の結婚&甘やかな花の血族

51jkz5zdqgl__sl500_aa300__3今日は授業参観&学級懇談会でしたー。
暑かった。ウチの子どももアレなんだが、他所も色々あるんだね。この年頃はムズカシイや。ま、いいや。

さて、最近買った本の中でのイチオシはこちら。西

そしてもう一つのイチオシはこちら↓

61qu3osaf4l__sl500_aa300__3 冬森雪湖の「甘やかな花の血族」
私の好物、逆ハーレムなマンガなんですが、一人の女性に執着せざるを得ない一族の男達と、その負の輪廻とか個々の憎愛とか色々盛り込まれていてとても面白かった。レディコミ連載なので、エロもこれでもか!というくらいあるのですがキレイに描かれているから気にならない。っていうか今やってる乙女ゲーの方が凄いから無問題な?
こちらの作家さんもお初なんですが、たまたまアマのレビューで見たこの方の別のマンガをポチる際に「おっ!・・と気になるからついでに・・!」購入したのですが、私のインスピレーションは外れてなかったよ!私好みで面白かった!最近、外さないなぁ・・・マンガに関しては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドントクライ、ガール

「このマンガがすごい!2011」オンナ編第2位となった「ドントクライ、ガール」ヤマシタトモコ著を本日購入。気になってはいたんだけど、私が読む路線とは違う感じの作画の様な気がしたので手がだせなかったのね。でも好きな作家さんが推していたので読んでみたのですが・・・面白かった!
17才の女子高生と31才男子との同居物語なんですが・・・この男子が裸族でねー。もう超越している裸族。自宅に1歩でも入れば脱ぎっ。ピザの配達がきてもマッパで応対しようとしたり。でも実はできるエリート男。可愛いところもあったりと(人間的に)31の男が17のJKに翻弄されつつも、めっさ動揺させている辺りが上手く描けてるなーと。
ショップのサイトレビューとかを見ると、好き嫌いが別れている様ですが、私は好き。2位になったのもわかるなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終回 追記あり

鋼の錬金術師 連載終了

何事にも終わりがあるのね
(何十年たっても終わらないO家の紋章とかあるけれども)
大団円・・でいいよね、あの終わり方。

あーでも大佐スキー&リザスキーな私はちょっと萌え不足。
結局、あの二人はどーなったのか!と。
ガチでロイリザ>エルアドな私の脳内には足りないですよ、あの一枚では。
悶々と妄想だけは広がるけど、確かな何かが欲しい。

軍部その後・・というかロイリザの番外編を切実に希望。

あー、でも、いい作品でした。牛先生、ありがとうございます。

次の日にもう一度読み返したら、もう泣けて泣けて。
初読は「終わっちゃう~」という気持ちの方が強くて、あまり染み込まなかったのかな。二度目を読んだら、だらだらと涙が。改めて凄い作品だった、と思いました。

続きを読む "最終回 追記あり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日買った本達

51wjgyvjj9l__sl500_aa300__4 31s2qzssgtl__sl500_aa300__2

だってまずはイメージトレーニングから入るのが、私のスタンス。
会長はメイド様!は1~3巻
YAWARAは文庫版1~3・5~8・15~19を購入。
ブックオフだったから仕方ないけど、この飛びよう・・・。
特にYAWARAは残りを探すのが大変そうだ・・大体、何巻まででているのかしら文庫版は。

それから「花咲ける青少年」愛蔵版4~6巻もブックオフで購入。1~3は新刊買いしてあったので残りも綺麗なのにしようかなーと悩んだけど、状態も良かったし財布も寂しくなってきた、というところでブックオフ買い。
あと、新刊で「鋼の錬金術師」25巻をゲット。
いよいよ終末へと駆けだしてますねー。今回も大佐&リザちゃんの絡みに萌えました。
はぁーこれを大川&根谷ボイスで聞きたかった・・・。三木さんも好きだけど、好きなんだけど!やっぱり大佐は大川さんが・・。刷り込みかもしれないけどねー。
それにしても今日は沢山の本買っちゃったなー。幸せー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の説明書

以前「O型自分の説明書」を購入した旨をエントリーしましたが
今、事務所でひそかなブームがこれ。
血液型自分の説明書作成メーカー
けっこう当たっているというか、たまに核心をついていて笑えます。
Noname_00052 ←ちなみにワタクシ
ウチの家族は全員O型のなので入力が楽ちん。
旦那の「いつもムリしている」には大笑いでした・・。

|

悪の華にくちづけを

この夏から初秋にかけてもの凄い勢いで文庫を読んでいたのですが
今は私の自由時間のほとんどが乙女ゲーに支配されているので
全くと言って良い程、本を読みません。(でも新刊は買う。そして積む。それで旦那に文句言われる。)
っていうか、最後に読んだ本が余りにも面白かったので、それ以上の本に早々には出会えないであろうというネガティブな思い込みもあるからかもしれないのですが。
そんな私の読書熱を下げるのに一役買った傑作が(良いのかこの言い回し)
「悪の華にくちづけを」 byロレッタ・チェイス
・・美人で賢くて姐御肌のヒロインに、見た目悪魔な、でもヒロインにメロリンキューでその気持ちを持て余しちゃう侯爵。何しろ一目見た瞬間に秒殺的一目惚れ。どうにかしてどうにかなりたいけど、過去の経験やら苦い記憶やらで素直になれない侯爵と、なんとかしてなんとかなっちゃおうと考えるヒロインのやり取りがテンポも良くて、とても楽しめるのですよ。
密かにマイブームだったヒストリカル文庫のここ一番な作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

O型 自分の説明書

先月の購入ですが、話題の血液型本を買いました。
普段はこの手のモノは買わないのですが、「そうそう、そうなのよ!」と頷ける点が多々あったので購入。それに全員O型の我が家はこれ一冊で賄えちゃうしね。
読み出せば「ナニ?この作者、私の事知ってるの?」と思ってしまう程、合致点がありすぎる程あって、つくづく私ってば典型的なO型なのね、と思いしらされた感じです。
なにしろ
・O型が好き
・だしO型に満足
・「自分O型です」って言うと「ああそんな感じ」と言われる。「え?O型?意外!」とかない
・納得されることに納得いきまセン
・・・ってまんま私じゃん。生まれてこの方、ワタクシO型以外の血液型を問われた事は一度もありません。
他にも
 「おおらか」なのか「おおざっぱ」なのか。おおらかだから細かいことは気にしない
 おおざっぱだから、細かいことがめんどくさい
 でも紙一重で「おおざっぱ」

 食べ物をくれた人になつく

 ハマったらとことん。
 で、突然飽きる。もーいい。

 アッサリしてそうで、とんだヤキモチ焼き

 時々、謎の「暗~い気持ち」がやってくる

・・なんかが特にぴったんこだったなぁ・・。
他の血液型タイプも読んでみようかと思ったけど、誰がどの血液型なのか聞まったく覚えてないのでやめました。基本、他人様の血液型には興味なしなもんで。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダメな見本

080628_113301 昨日、子供に悪い影響を与えるから大人買いはちょっと・・・などとしおらしい事を書いていたくせに、その舌の根も乾かぬうちに一気に買い込んだおバカな母です。
「S・A」4~10.13巻と復活の「花より男子」30~36巻。
一冊200円で買えるブックオフ万歳。
「花男」は以前、途中で挫折して中途半端なまま本棚で冬眠中だったのが、昨今の映画化などの影響(主に松潤)もあり読書熱復活。(ついでに嵐熱も発生。)読む本がいっぱいあるって嬉しいな。どれから読もうかな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧